https://x.com/CaptCoronado/status/1801681059328757789

🚨更新:「交渉なし、停戦なし、和平交渉取り決めもなし!! プーチンが敗北し、ロシアが壊滅するまで、戦争は続く!!」

-北大西洋条約機構


デニス・クシニッチレポート
https://denniskucinich.substack.com/p/america-prepares-for-global-war-and
アメリカは世界大戦に備え、18歳から26歳の徴兵を再開

アメリカの若者たちへ: あなたは自動的に徴兵に登録されます。 代表権のない徴兵?私たちはどこで、何のために子供たちを戦争に送るのでしょうか?
スクリーンショット (731)

わが国の政府は、さらに大きな戦争のために何百万人もの若いアメリカ人を徴兵する、大々的な徴兵制を計画しています!


私は、国防権限法(NDAA)に対する民主党の修正案に注意を喚起します。この修正案は、ほぼ1兆ドル規模の国防総省の戦争支出法案に、下院の軍事委員会において賛成多数で滑り込ませたものです。

H.R. 8070(国防権限(NDAA))に対する民主党修正案は次のように書かれています:  

セクション531. 選択的サービス制度:  自動登録。 第2項 3.(a)(1)「この章に別段の定めがある場合を除き、合衆国市民および合衆国に居住する18歳から26歳までのすべての男子は、本法に基づき、選択的兵役制度の長官によって自動的に登録されるものとする」。

この修正案はNDAA法案に含まれており、法案からこれを削除する修正案は提出されていません。 したがって、NDAAが可決されれば、早ければ今週中にも、議会は自動徴兵制を国の法律とするための措置を講じることになります。

なぜ自動徴兵制なのか? 国会議員や大統領は、アメリカ国民に対して、自分たちの息子や、おそらく自分たちの娘が、どの異国の地で死ぬことになるのか説明する義務があるのではないでしょうか?

2001年9月11日以来、米国は「非常事態宣言」を継続しており、大統領には通常ではありえない100以上の権限が与えられています。  自動徴兵制が1年以内に施行されるにもかかわらず、非常事態の権限を発動する大統領令や議会法によって、何百万人もの人々が市民生活から戦争の最前線に移動することになります。

私たちが知っていること:

私たちは、アメリカが世界中の戦争を扇動していることを知っています。

私たちは、ロシア、中国、中東との解決ではなく、侵略を誘発する世界戦争の崖っぷちにいることを知っています。 

これらの戦争で勝者となるのは、戦争で利益を得る人々だけです。

彼らは今、私たちの子どもたちを不必要で、不安定で、危険で、負債を生む戦争に駆り出そうとしています。

バイデン大統領は今日、ウクライナとロシアの戦争にさらに10年間支援することを約束したばかりです。

1,600万人以上のアメリカ人男性を自動的に徴兵登録しなければならない理由は、大規模な戦争に備えるため以外には考えられません。

選択的兵役制度は、個人を軍隊に入隊させるための手段です。 このNDAA自動登録修正案は、効率的で大規模な徴兵制を促進します。

この新しい法律では、18歳から26歳までのすべての男性が自動的に登録されます。 選択制サービスは、登録されたことをすべての若いアメリカ人男性に書面で通知し、登録者に「生年月日、住所、社会保障口座番号、電話番号、電子メールアドレス......」の提供を求めることができる規則を定めます。

若い女性も徴兵の対象に含めることを主張する議員もおり、そうなれば徴兵対象年齢のアメリカ人は3,200万人に達する可能性があります。

アメリカでは現在、130万人以上の男女が、職業軍人として、また志願兵としても、志願制の軍隊に所属しています。 

新しい自動徴兵法によれば、少なくとも150万人はいる18歳から26歳までの不法移民も、男性だけでなく女性にも適用されれば徴兵される可能性があります。

不法滞在者を対象とした政府の徴兵令は、皮肉なことに、徴兵資格を持つ不法滞在者が国境の反対側に退避することを決める、いわゆる「代替理論」にダメージを与える可能性があります。「 敵対的期間」に兵役に就いた移民は、即座に帰化を求めることができるため、兵役は市民権取得への道として他の人々にアピールするかもしれません。 

アメリカで最後に徴兵制が導入されたのはベトナム戦争の時で、190万人のアメリカ人が徴兵されました。 

米国退役軍人省によると、その戦争過程で合計870万人のアメリカ人が従軍し、その中には大統領命令によって徴兵された既婚男性も含まれています。

ベトナム戦争における米国の戦死者58,220人のうち、17,671人が徴兵によるものでした。 

バイデン大統領が最近行ったD-Day演説(Politicoより引用)には、アメリカの若者に対する注目すべき警告が含まれていました:「歯止めなき専制政治の代償は、若者と勇敢な人々の血です。」

数年前、私はバイデン副大統領(当時)と対談したことがあります。バイデン副大統領は、自分の息子の命が戦闘で危険にさらされる可能性があることについて、痛切につぶやきました。 彼の息子たちへの深い愛情は、すべてのアメリカ人の子供たちへの愛情を反映しています。 ベトナム戦争やイラク戦争がもたらした人的犠牲を身をもって知る両親や祖父母は、米国の領土に対する直接的な脅威がない限り、自分の子供や孫を致命的な紛争に巻き込むことに強い嫌悪感を抱くかもしれません。

ウクライナは、現在進行中のロシアとの戦争で何十万人もの勇敢な息子や娘を失っているため、戦争に支払われる代償を理解しています。 

ウクライナが徴兵制に踏み切ったことで、兵役の対象でありながら死刑宣告を受ける可能性があることを理解している人々から反発が起きています。  

イスラエルでは、イスラエル建国以来、増え続ける超正統派の崇拝者たちは兵役を免除されてきましたが、政府は軍人の拡大を迫られており、ネタニヤフ連立政権に対する政治的圧迫要因となっています。 

ドイツとイタリアでは徴兵制が議論されており、EU加盟国のうち少なくとも9カ国ではすでに軍隊の補充に徴兵制が採用されています。

徴兵制では抵抗が起きます。 ベトナム戦争反対の集会で、『地獄へ落ちろ、行かないぞ!』と叫んでいたのをよく覚えています。  心臓に雑音があり、高い徴兵番号がなければ、私は兄のフランク・クシニッチ・ジュニアと一緒に東南アジアの戦場に赴いていたでしょう。

ベトナム戦争では、徴兵される可能性のあった若者のうち、推定60%が徴兵を免れる手段を見つけました(ビル・クリントンという未来の大統領を含む)。 命の危険を感じ、カナダやスウェーデンに逃れた者もいました。 

ベトナム戦争は国を引き裂きました。 強制的な兵役と米軍の死傷者数の増加に煽られた戦争への抗議は、1968年3月31日、リンドン・ジョンソン大統領に再選不出馬を決断させました。 徴兵制は1973年に廃止され、1980年1月23日にカーター大統領によって復活されました。

私たちは、自動徴兵制につながったアメリカの永遠の戦争について国民的議論をしなければなりません。   アメリカの利益とはいったい何なのか? わが国の指導者たちの外交手腕は、テーブルの上に銃を置いて「話し合おう」と言うのが精一杯のようです。

なぜわが国の政府は外交よりも戦争を選ぶのでしょうか? 

直接選挙で選ばれた国民の代表である議会は、対等な政府部門として、合衆国憲法第1条第8項に基づき、この国を正式に戦争状態に移行させることを決定する責任があります。 

しかし、この議会や他の議会は、戦争に必要な資金を計上し、大統領にその責任を負わせることに満足しており、これは建国の父たちがチェック・アンド・バランスのシステムを考案する際に避けようとしたことです。    

議会は、国が自動徴兵制を導入するずっと前に、戦争の問題を取り上げなければなりません。自動徴兵制は戦争の準備であり、アメリカの若者の人生を劇的に変えるものです。  彼らには答えが必要です。 私たち全員が答えを知るべきです。アメリカの未来は、文字通り危機に瀕しているのですから。

追記:私としては、11月の下院議員選挙で再選を目指す元下院議員として、議会に復帰した暁には、徴兵のための自動登録を廃止する法案を提出するつもりです。 私は、国を守るために兵役に就くことは名誉であり、神聖な義務であると信じています。  しかし、指導者たちにはもっと深い義務があり、その理由を説明する厳粛な義務があります。彼らはそうしていません。