https://forbiddenknowledgetv.net/kansas-attorney-general-sues-pfizer-for-misleading-kansans-on-covid-vaccine/

カンザス州司法長官が「COVIDワクチンでカンザス州民を誤解させた」としてファイザーを提訴



カンザス州司法長官のクリス・コバックは、ファイザー社が誤解を招く主張と検閲を行っているとして、ファイザー社を提訴しました。コバック氏によると、この訴訟は「複数州にわたる取り組みの一環であり、ファイザー社の反応次第では、さらに多くの訴訟が続く可能性がある」と述べています。

なぜメリッサ・マカティーが沈黙を守っているのか、今ならわかるかもしれません。マカティーはカンザス州マクファーソンにあるワクチン工場の品質管理部門で、製品検査官として生産ラインを監督していました。ファイザー社は10月に『プロジェクト・ヴェリタス』に出演した後、彼女を解雇しました。

元ファイザー職員:ワクチン詐欺について語る : メモ・独り言のblog
ファイザーの内部告発 ファイザー社バイアル瓶の最大3分の1が酸化グラフェンを含有 : メモ・独り言のblog

解雇に先立ち、彼女はニコラス・ヴェニアミンに、ファイザーのデータベースから150枚以上の画像を収集したことを明かしました。「私は、権力のために何かを隠しているのではありません......私はただ、これらの文書が......正当で、本物で、私が信じていることが書かれていることを確かめようとしているだけです。」と語った...

彼女は続けて、「このワクチンによって、数週間後には約22,000人が死亡すると計画されていたことは、私にとっては驚くべきことでした。そして、老人ホームでそれを予測したと書かれています。私の心を揺さぶりますし、彼らは文字通り『ReCode』と呼ばれる人たちと働いています。しかし、彼らは『あなたのDNAには触れない』と言いたがっています」

「これらの文書の中には、『このmRNAは永久的なDNA編集を可能にする』と書かれているものもあります。」そう書いてあります...

「すべてが非常に憂慮すべきことであり、人々はこうしたことが伝えられていないことに警戒すべきです。なぜなら、このようなことを聞いて、それを知っていて、自分がそれをすることを選ぶというのは、一つのことだからです。自分の体に何を入れることに同意しているのかがわからないというのは、また別のことなのです」.....

2021年12月、メリッサはファイザーにこう言いました:

「私はあなた方を迎えに行きます。(笑)。私は彼らに責任を負わせるつもりです。たとえ彼らが私を連れ出そうとしても、自殺させようとしても、刑務所に放り込もうとしても、この情報を持っている人は十分にいるのですから、彼らは責任を負うことになるでしょう。私はファイザーに敵対していたわけではありません。私は、この仕事が大好きでした。

カンザス州司法長官クリス・コバック氏による声明の書き起こし

ファイザー社は、自社のワクチンを妊婦にも安全であるとして販売していました。しかし、2021年2月、ファイザー社は、妊娠中にファイザー社のCOVID-19ワクチンを接種した458人の妊婦の報告書を保有していました。妊婦の半数以上が有害事象を報告し、10%以上が流産を報告しており、その多くがワクチン接種から数日以内でした

また、ファイザーは2020年10月に自社で実施したラットの妊娠に関する研究から、COVID-19ワクチンが不妊、仔の流産、死産に関連している可能性が高いという情報を入手しています。

2 つ目は、心筋炎などの心臓疾患に関する安全性です。ファイザー社は一貫して、COVID-19ワクチンと心筋炎や心膜炎との関連性や安全性に関するシグナルを否定していました。実際、2023年1月18日、同社のワクチンが脳卒中や心筋炎を引き起こすかどうか質問された際、ファイザー会長兼CEOのアラン・バーラは、「何十億回という投与量を配布していますが、シグナルは一つも出ていません」と述べました。

この「シグナル」とは、ネガティブな結果を意味するセーフティ・シグナルのことです。しかし、ファイザー社が知っていたように、アメリカ政府、アメリカ軍、外国政府などは、ファイザー社のCOVID-19ワクチンが心筋炎や心膜炎を引き起こすことを発見していました。

3 番目は、変異株に対する有効性です。 ファイザー社はまた、COVID-19ワクチンがCOVID-19の変異株を予防すると主張していましたが、当時入手可能だったデータでは、ファイザー社のワクチンがこの変異株に対して効果を発揮する割合は半分以下でした。

最後に、感染について。ファイザー社はアメリカ人に対し、大切な人を守るためにワクチンを接種するよう促しましたが、これは明らかにファイザー社のCOVID-19ワクチンがCOVID-19の感染を食い止めたという主張を示すものでした。ファイザー社は後に、ワクチン接種後のCOVID-19の感染について一度も調査したことがなく、感染を食い止めたと言えるかどうかも調査していないことを認めました。

このような誤解を招く発言をした後、ファイザー社は検閲も行いました。ファイザーのCOVID-19ワクチンの安全性と有効性に批判的な言論を検閲するために、ファイザーの職員がソーシャルメディア・プラットフォームと連携していたことが電子メールで明らかになりました。

また、ファイザー社は「ワープ・スピード作戦」として知られる連邦政府のワクチン開発プログラムに参加しないことを選択し、その開発資金を辞退したことにも注意する必要があります。そのことについて質問されたファイザーのアルバート・ブーラCEOは、ファイザーがこのプログラムに参加しなかったのは、ファイザーの科学者を「解放」するためで、政府によるワクチン開発の監視を避けるためだと答えました

彼はまた、「彼らは報告を求めています。私はそのようなものは持ちたくありません」、と引用を締めくくりました。彼が「彼ら」というのは、連邦政府のことです。

ファイザー社の誤解を招く発言は、カンザス州でのワクチン販売の成功に貢献しました。2024年2月までに、ファイザー社はカンザス州で330万回分以上のワクチンを納入しました。

これはカンザス州で接種された全ワクチンの60%以上に相当します。この訴訟は本日提訴されました。前にも述べたように、この訴訟は複数州にわたる取り組みの一環であり、ファイザー社の反応次第では、さらに多くの訴訟が続く可能性があります。


https://usawatchdog.com/kansas-ag-pfizer-lawsuit-will-stop-cv19-bioweapon-vax-industry-karen-kingston/
カンザス州知事ファイザー社提訴はCV19生物兵器ワクチン産業を停止させる - カレン・キングストン

コバック司法長官は、世界市場の60%以上を占めるCV19いわゆる「ワクチン」の最大手メーカーであるファイザー社を提訴しました。 コバック司法長官は、ワクチン注射の有効性に関する「違法な不当表示」と、ワクチン注射の悲惨な影響に関する「公的議論の検閲」を申し立てています。 その上、他の4つの州もカンザス州知事の訴訟に加わるとコバック氏は報告しました。 バイオテクノロジー・アナリストのカレン・キングストンは、当初からCV19注射の殺人的で無効な効果について警告を発しており、その理由を次のように説明しています。 繰り返しますが、コバック司法長官はファイザー社を『詐欺と不誠実な行為』で訴えています。 保健福祉サービス(HHS)、(レガシー)メディア、ソーシャルメディア、他の機関、さらにはロビー団体『バイオ』との共謀など、10件の訴因がファイザーに対して提起されています」。 それよりもさらに大きなことに、コバックは他の4つの州がこの訴訟に参加することを発表し、さらに多くの可能性があります。

なぜ他のワクチンメーカーは訴えられなかったのですか? キングストンは、「ファイザーとの契約があったからです。 彼らはアメリカ政府の監督下になく、ワープ・スピード・プログラムにも参加していませんでした。 そのプログラムでは、アメリカ政府は製造される製品を管理していました。. . . 結局のところ、ファイザーが米国政府と交わした契約のために、そしてトランプが彼の指紋をすべてつけたように見えますが、契約のテクニックによって、トランプはファイザーの責任の盾を破り、契約が武器となり、もし彼らが何か悪いことをすれば、州検察官やアメリカ人がファイザーを訴えることができるようにしたのです。 彼らは私たちを欺こうとし、私たちに危害を加え、操ったのです。」と説明します。

カンザス州だけでも、ファイザー社は人を殺し、傷つけたとして何億ドルもの賠償責任を負う可能性があります。 COVID-19注射は安全で効果的ではなく、害、病気、障害、不妊、心筋炎、心膜炎、死亡の原因となるからです。 もはや陰謀論ではありません。

このCV19注射の危険性に関する情報を一般大衆から隠すために、多くのグループが共謀したとされています。 その中には、米国政府の保健福祉局(HHS)、スタンフォード大学、世界最大のバイオ・ロビー団体である『BIO』(バイオテクノロジー革新機構)などがあります。 BIOは、中国に代わってBIOSECURE法を封じるために水面下で動いたグループです。. . . この訴訟で他のグループが共謀者として名を連ねているにもかかわらず、彼らはその共謀者を追及していません。 ファイザーに彼らを連行させ、何が起こったかを説明させてください」。 キングストンは、CV19注射の真実を国民に隠蔽する役割を果たしたすべての共謀者は、後日訴えられる可能性があると付け加えています。

キングストンはまた、「バイオセキュリティ法が今年の初めに提案されたとき、ファイザー、GSK、アストラゼネカのCEO全員が中国に飛び、あなたは私たちの背中を守ってくれますよね? 私たちを守ってくれるんでしょう?. . . . 私は、これらの検事総長が目を覚まし始めて、ちょっと待てよ、アメリカの製薬会社のmRNA技術は、実際にアメリカ国民に対する武器として使われたんだ、と言い始めたと思います。 それを止めなければ、この国に未来はありません。 後世もありません。 彼らはそのことに気づいていると思いますが、同時に、第三次世界大戦を避けたいのだとも思います」。

最後にキングストンは、ファイザーのデータは「注射を打てば(CV19に)感染する」ことを証明していると言います。 これはワクチンとは正反対のものです。 その上、彼ら(ファイザー社)は、それが引き起こすすべての病気、障害、不妊、そして死について知っていました。. . . 彼らの実際の表示は犯罪的です。CV19ワクチンの強制は、アメリカの価値観を壊し、個人には人権があるという信念を壊すことでした。 それが目的だったのです . . . これは、人間を編集することでもあり、人間だけでなく、すべての生物学的生命体を編集することでもあります。 合成バイオ産業は、このようなことを世界に行おうとしているのです。 彼らは自分たちが善人だと思っているのです」。