Malaysia moving to join BRICS – PM — RT World News

マレーシアがBRICSに加盟

クアラルンプールは決断を下した、とアンワル・イブラヒム氏


マレーシアはBRICSへの加盟を申請することを決定し、近く正式な書類を提出する予定であると、アンワル・イブラヒム首相が明らかにしました。

この77歳の東南アジア諸国の指導者は、日曜日に掲載された中国メディア『Guancha』とのインタビューで、この決定について言及しました。

「我々は方針を明確にし、決定を下しました。まもなく正式な手続きを開始します。最終結果と南アフリカ政府からのフィードバックを待っているところです」 とアンワル首相は発言した。

アンワル首相は、ブラジルのルイス・イナシオ・ルラ・ダ・シルバ大統領との最近の会談でも、この話題を取り上げたとのことです。BRICSは2006年にブラジル、ロシア、インド、中国によって設立され、2011年に南アフリカが加盟。1月、BRICSはエジプト、エチオピア、イラン、アラブ首長国連邦(UAE)を正式に加盟させましたが、現在の名称を維持することを決定しました。

クアラルンプールが同組織に加盟することは、戦略的な意義があります。 世界で最も重要な航路のひとつ、太平洋とインド洋を結ぶマラッカ海峡は、マレーシアとインドネシアのスマトラ島の間に位置しているためです。

アンワル氏によれば、マレーシアは世界がもはや一極的ではなくなり、特にBRICSと中国の台頭が「世界に牽制と均衡があるという希望の光」をもたらしていることに「安堵」しています。

西側諸国は世界の『言論統制』を望んでいるが、『彼らはもはや植民地支配国ではないし、独立国は自由に自己表現すべきだから、我々はもはやそれを受け入れることはできない』とマレーシア首相はグアンチャに語った。

今月初め、イーゴリ・モルグロフ駐中国ロシア大使は、約30カ国がBRICSへの加盟を希望していると発言したばかりです。マレーシアの近隣では、タイ、スリランカ、ベトナムがすでにBRICSへの加盟を打診しています」

2024年のBRICSサミットは10月にロシアのカザンで開催予定です。1月からモスクワが議長国として運営しています。


BRICS Makes Major De-Dollarization Announcement (watcher.guru)

BRICSが大規模な脱ドル化を発表

スクリーンショット (747)
出典:energyintel.com / Hoverfly / Shutterstock
2024年6月11日


火曜日にロシアで開催された会合で、BRICSは脱ドル作戦の最終段階に入ったと発表しました。同会合に出席したBRICSの代表者によると、新たな決済システムが確認され、現在の世界的な基軸通貨である米ドルの対抗馬になる見込みです。

BRICS は、脱ドルプログラムの最終段階に入ったと発表。
スクリーンショット (748)

BRICSの主要メンバー国の経済閣僚が、完全な脱ドル完了に向けた最終段階にあることを発表した。BRICSの目標は、多極的な国際通貨システムを構築し、米ドルを唯一の世界的基軸通貨から脱却させることです。新たな決済システムについては、かなり以前から噂され、議論されてきましたが、今回、BRICS同盟はその開発と最初のターゲットである米ドルを正式に確認しました。

BRICSの脱ドルミッション、重大発表を受けて継続中
brics de dollarization us dollar usd currency
Source: iStockphoto
BRICS経済同盟は過去2年間、世界経済の現状に挑戦しようとしてきました。BRICSは、欧米が支配する金融秩序に対する抵抗力を強めようとしてきました。こうした努力は、脱ドルの強化や自国通貨の推進という形で表れています。

さらに、BRICS同盟は、拡大と経済協力について議論するために、20カ国が出席するこの2日間の会議を開始しました。BRICS加盟国の外相は現在、ロシアのニジニ・ノヴゴロドに滞在中です。議題は、BRICS+の今後の拡大、脱ドルの取り組み、さらなる経済・貿易関係の構築など。現在、BRICS通貨の開発作業も議論されています。

BRICSは米ドルとの関係を断ち、加盟国間のすべての国境を越えた取引に自国通貨を使用することを目指しています。この動きは、2024年にBRICSに加盟する他の発展途上国を惹きつけています。米ドルを捨てて地域通貨と新たな世界基軸通貨を導入するというアイデアが人気を集めています。BRICSの金担保通貨構想やCBDCは、その代替案としてふさわしいと考えられています。


North Korea to Join and Adopt BRICS Currency in 2024? (watcher.guru)

北朝鮮は2024年にBRICS通貨に加盟し、採用する?

2024年6月18日
ソース: PBS

BRICSの経済同盟は、今年1年を通じて、脱ドル政策と経済拡大政策の両方に取り組んできました。BRICSは今年10月にも年次首脳会議を開催する予定で、この2つのイニシアチブを継続する予定です。ロシアのプーチン大統領が北朝鮮を訪問したことで、同国が2024年にBRICSに加盟し、BRICS通貨を採用するのではないかとの憶測が広がっています。

ロシアは今年のBRICS議長国に就任しました。さらに、ロシアはその待望のサミットを開催する予定です。現在、プーチンは2日間の日程で北朝鮮を訪問し、両首脳の主要な会談を行う予定です。2023年、金正恩はシベリアでプーチンと会談し、プーチン大統領は今週行われる会談の招待状を受け取りました。

昨年、BRICSは2001年以来の拡大策を実施しました。実際、BRICSは6カ国を招待。このうち、アラブ首長国連邦(UAE)、イラン、エジプト、エチオピアが招待を受け、9カ国からなるBRICSに新たに加わることになりました。

北朝鮮、BRICSへの加盟を視野に?
.
BRICSの成長はとどまるところを知りません。多くの専門家は、今年実施されるかもしれない拡大計画から、地政学的な影響がさらに拡大すると予測しています。本日、ロシア大統領が北朝鮮を訪問する中、2024年にBRICSに加盟し、BRICS通貨を導入する可能性に注目が集まっています。


アライアンスはすでに、今年中に独立した決済システムを開発することを確認しています。さらに、一方的な貿易決済をサポートするための自国通貨も以前から噂されており、今年中に待望のデビューを飾ることができるかもしれません。

直近の北朝鮮訪問は、プーチンにとって24年ぶりです。その後、現指導者の父親である金正日総書記を訪問。しかし、今回の会談は両国の軍事協力に対する懸念をもたらしたと報道されています。

ロシアは、さらなる協力関係を模索
brics summit vladimir putin russia president
Source: Reuters
ロシア国営メディアによると、プーチンは北朝鮮との「二国間交流」を深める「共同努力」を求めているとのことです。さらに、両国間の「互恵的で対等な協力関係を促進する」ことへの期待を表明しました。

「平等、相互尊重、信頼の原則に基づくロシアと北朝鮮の友好・隣人関係は、70年以上前にさかのぼり、輝かしい歴史的伝統に富んでいる」とプーチン大統領は述べました。

Source: FOX
さらにロシアは、現在進行中のウクライナ紛争に対する北朝鮮の「揺るぎない支援」に感謝の意を表明すると共に、北朝鮮の防衛産業・技術分野の強化に向けた取り組みについて、「多大な成果」があったことを認めました。 大統領はまた、協力の強化は高等教育にも及ぶと強調。また、「信頼と相互理解」の拡大に焦点を当てることにも言及しました。

会議はまた、国際的に突出した米国と西側諸国を狙い撃ちしました。モスクワの指導者は、北朝鮮に対して「ますます厳しく、明らかに受け入れがたい新たな要求を設定し続けている」と指摘。しかし、「平和的手段によって既存のすべての相違を解決する」という協力の焦点を確認しました。

BRICS通貨が意味するもの

会談では、両国の経済協力も明確に打ち出されました。2000年に遡る二国間協定に言及した後、彼らは 「西側に支配されない代替貿易と相互決済メカニズム」へのコミットメントを確約しました。

この行動は制裁を回避しようとするものです。さらに、北朝鮮がBRICSとつながっていることのさらなる証拠となります。自国通貨の導入により、同国はBRICSとの貿易を受け入れる有力な候補となる可能性があります。

brics cryptocurrency coin token fake
Source: securityaffairs.com
これらの貿易決済は、BRICS通貨のエクスポージャーを高める上で重要な意味を持つ可能性があります。今月、BRICSにまだ加盟していない6カ国が、貿易において米ドルを使用しないことに合意しました。その後、BRICS通貨が実現すれば、これらの国々はほぼ間違いなくBRICS通貨を採用することになるでしょう。

それまでは、これらの国々は自国通貨による貿易を採用すると思われます。全体として、米ドルは打撃を受けるでしょう。最近の制裁では、ロシア最大の証券取引所がグリーンバックでの取引を停止しており、こうした経済的な争いはすぐには止まりそうにありません。