https://www.pronews.gr/amyna-asfaleia/enoples-sygkroyseis/to-nato-etoimazei-eisvoli-stin-rosia-me-dynami-500-000-andron-mexri-ton-septemvrio-tou-2024/
「NATOは2024年9月までに50万人の兵力でロシア侵攻を準備をしている」
「究極的には、西側諸国の利己主義と傲慢さが、現在の極めて危険な状態を招いた」とプーチン大統領は述べた。

「NATOは2024年9月までに50万人の兵力でロシア侵攻の準備を進めており、それは「間違いなく第三次世界大戦に繋がるだろう」ロシアのアナリスト、コンスタンチン・ジフコフは指摘した!



彼の見立てによると、F-16の引き渡しは、NATOが空爆を行い、その後に地上部隊が続くことになる。


シブコフは、少なくとも5カ国が作戦に参加し、この目的のためにすでに50万人の兵力を集めていると考えている。
.
彼の予測によると、この侵攻は早ければ8月から9月にかけて行われる可能性がある。

セルビアのアレクサンダル・ヴチッチ大統領は最近、今後3〜4ヶ月以内に第三次世界大戦が始まると予想していると発言している。

セルビアの大統領:「3~4カ月以内に世界大戦が勃発する-石油、小麦粉、砂糖は我々が管理する」 : メモ・独り言のblog

.

A.ブチッチ: 「第三次世界大戦まであと3~4カ月」|Pronews TV

この計画は、NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長自身が、ロシアとの国境で待機しているNATO軍の数は50万人であると述べたことから、本質的に明らかになりました:

「同盟国は、NATOの司令部に、ここ数十年見たこともない規模で兵力を投入している。

「現在、我々はすべての分野で50万人の部隊を即応態勢で配備しており、2022年のマドリッド・サミットで設定された目標を大幅に上回っている」と述べた。

ここ数週間、加盟国がキエフへの支持を大幅に強めたことで、同盟はその目標を達成しました。

アメリカや他の多くの国も最近、ウクライナにロシア国内の標的を攻撃するために武器を使用する許可を出しました。
.
オランダとデンマークは、今後数カ月以内にキエフにF-16戦闘機を供与する計画で、この最新鋭機はロシアへの爆撃に使用される可能性があると発言しています。

ストルテンベルグ事務総長は、政策変更を歓迎し、ロシアによるエスカレーションと見なすべきではないと付け加えた。
.
しかし、クレムリンはF-16の譲渡について西側に厳しい警告を発し、ロシア政府関係者は、アメリカの戦闘機は核兵器を搭載し、モスクワに戦略的脅威をもたらす可能性があると説明した。

ウクライナは他のNATO諸国の領土にF-16を保管する計画であり、ロシアはこれらの施設を攻撃すると脅しています。

さらに、一部のNATO加盟国は、現地部隊を訓練するために自国の部隊をウクライナに派遣する準備を進めています。

今月初め、エマニュエル・マクロン大統領は、フランスは軍隊を派遣する意思のあるNATO諸国の「連合体の最終調整」に取り組んでいると発言した。

モスクワは、ウクライナに派遣されたフランス人教官はロシア軍の正当な標的になると明言しています。

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は最近、西側諸国の指導者たちが世界をより大きな戦争の瀬戸際に追いやっていると非難しました。

「究極的には、西側諸国の利己主義と傲慢さが、現在の極めて危険な状況を招いた」と、ロシア外務省での講演で説明しました。

「私たちは危険なほど後戻りできない地点に近づいています。」

世界最大の核兵器を保有するロシアに戦略的敗北を負わせるという呼びかけは、西側政治家の極端な無謀さを露呈しています。



※ちょっと妄想:11月の選挙までに始めればバイデンは戦時大統領として続投ですか?アメリカは又しても911の時のように偽旗中性子爆弾を国内のどこかで爆発させ、攻撃を受けたと公式に発表しますか?ロシアは、ある程度の爆撃を受けたところで「国家存亡の危機」を宣言し、欧米に対して北朝鮮(イラン・パキスタンなどは中東でドンパチ)と共に核ミサイルで応戦する、「やむ得ない選択肢だったと」....同時に中国が「偽旗台湾侵略」で参戦し、日本にも何発か撃ち込まれる...2028年頃?旧G7の傀儡国家は戦争に負け、没落する....その後、どこかの時点でハッカーのせいにされすべてのネット記録は消えたことにされ、修復作業をしようにもインターネットは接続そのものが消えるので株式や国の借金や銀行記録や年金などもチャラにされ、生き残った人々はグローバル・ベーシックインカムで食いつなぐことに。そこで国連による「グレートテイキング宣言」にて人々は何も持たなくなり幸せになる?エリートによる新たな「BRICS新世界秩序」が誕生するという理想のシミュレーション....しかし、中身は等しくデジタル社会とWEFやWHOが台頭する強制医療の世界であり、極端な貧乏以外はあまり変わらないというオチですか?....この時点では、大量の餓死によって世界人口は30~40億人くらいまでに減っていますか?
クライマックスの2025年に向けて、海外の超エリートの金持ち達が持ち株すべてを売却し、いろいろ処分して次のイベントに備えている理由は?ハワイやNZにこぞって地下核シェルター完備・病院設備完備の鉄壁の要塞住宅を建造してる理由は何ですか?(過去記事参照)
海外では最低2~3年分の備蓄を急げと言っていますが、そんなの今から可能ですか?