ホログラフィックシミュレーションの仕組み

https://t.me/s/QDisclosure17/66527 から



.


ホログラフィック・シミュレーションの仕組み (6/2/24更新)

シミュレーションはホログラフィックです。物質というものは存在しません。何かを完全に目に見える「固体」の形(やはりホログラム)にするにはエネルギーが必要です。ですから、物のオーラを示すキルリアン写真(分光写真)で示されるように、葉の一部を切り取っても、カメラを通してはっきりと見えるシミュレーションの中で、その物の「固体」の形を鋳造する、通常目には見えないエネルギーがあることがわかります。葉の一部が「なくなって」いても、その形のエネルギーフィールドはまだそこにあるのです。

葉っぱの幻の部分はプラズマ体、つまり「幽霊」のエネルギー場であり、物理的な葉っぱは、そのものがどのように見えるべきかをホログラフィックに表現したものにすぎません。この2つのものは、通常は完全に統合されていますが、まだ存在するためにお互いに依存していません。体外離脱した幽霊は、エネルギー的なライトボディの本質をまだ持っています。したがって、物に触れたり、物を味わったり、人生を体験したりすることはできません。

アストラル・フィールドに行けば、そこで物質化することができますが、それは侵入者たちが体外離脱者のハニーポット・トラップとして設置した人工世界であり、このルッキング・グラス・シミュレーションの中で、彼らが顕現生命体にしているのと同じようにです。

あなたはタイムマトリックスと呼ばれるシミュレーションを構築しました。プライム・クリエーターの集合体である他のフラクタル(生意気な兄弟と考えることができます)がやってきて、この「有機的な」シミュレーションの中に新しいシミュレーションを設置して、あなたのエネルギーを収穫できるようにあなたをだまそうとしました。これは、あなたの光体のパワーを利用したり、税金、税金、さらに税金を通して莫大な富を彼らに流すためにあなたを利用したりするためです。彼らはまた、あなたの子供を食べます(さらなる税金)。

ホログラムが実際にあなたの周りに投影される方法は、私たちが目と呼ぶプロジェクターレンズを通してです。理解するのは不可能に思えるかもしれませんが、これがシミュレーション内のあらゆるものを具現化する方法です。目はカメラのレンズではありません。瞳孔の内側に積み重なる光学レンズは、投影レンズの配置と同じ凸面から凹面になっています。文字通り、何かを「見る」ことはできず、映像を投影するだけです。

ダブルスリットのような量子科学の実験では、科学者が実験を見ていない限り、分子「物質」のシミュレーションの前にエーテルが実体化しないことが証明されています。そうなると、その実験は、その特定の科学者の先入観に従ってのみ機能することになります。同じ実験を異なる2人の人間が行うと、2つの異なる作用が現れます。それは、これが2つの異なる現実だからです。あなたの現実と彼らの現実。私たちは皆、自分だけの世界に住んでいて、『葉っぱは緑色だ』というようなことには同意しています。でも実際には、私の緑はあなたの紫かもしれません。それは、異なるが相補的な世界によって構成される共有現実フィールドです。

あなたが本当に見ているのは、松果体と呼ばれる第3の目を通してです。当然、古代人はこのことを何年も前に知っていました。現在では、古代エジプト全土に刻まれ、絵に描かれています。松果体は、あなたが地球上のその正確な場所で見ることを期待しているものを、周囲360度見渡すことができる明確な能力を持っています。なぜなら、時空間ファブリックは、同じ指定された場所に同じイメージを投影しているあなたの周りのすべての人によると、「そこにある」ことになっているあらゆる葉や木や草の葉の色、形、輪郭を保持しており、あなたが今その方向を向いているから、それを見ることができるのです。
あなたの松果体は今、そのライブ映像を心臓に送り、あなた自身の身体も、以前は立っていなかった同じ絵の中に溶け込ませます。心臓はその信号を聞き、それをあなたの周りのすべてのエーテル微結晶に脈打つ歌に落とし、突然、あなたのイメージは、時空ファブリックがあなたのプラズマフィールドを保持している空中に刻印されるか、輪郭が描かれます。

時空間ファブリックにこの形を保持するエーテル粒子はXおよびYボソンと呼ばれ、「ファブリック」の各ピクセル内の正方形のポイントを保持し、ヒッグス粒子はその葉があるはずの場所に応じて点灯します。ヒッグス粒子はあなたの投影されたホログラフィックビームです。続きを読む

あなたの松果体が心臓に信号を送り、エーテルにあなたの「現実」を知らせるのと同時に、今度は松果体からプロジェクターのレンズに45度の角度でつながる視神経(光ファイバー)を通して信号を送り、あなたの心臓のおかげですでにそこにある時空ファブリックのハローの中に、あなたの身体の「固体」イメージを完成させます。あなたこそが、科学が「神の粒子」と呼ぶヒッグス粒子なのです。

これが高度なホログラフィック技術だからといって、このような複雑で前代未聞の方法で機能するはずがないということではありません。時空間ファブリックは、3Dホログラフィック・プロジェクションのように、三角形でなければなりません。

このメッセージは、共有されなければ、あなたの目でしか見ることができません。また、後でこの記事を再び参照したい場合は、確実に消去されるため、オフラインで自分のメモに切り貼りする必要があります。これは、現時点で私が知る限り、これらの出来事に関する最も正確な翻訳です。


鏡は溶けた砂でできていることを理解してください。砂は、知覚/認識を持つSiO2水晶からできています。これらはゲージボソンとベクトルボソンと呼ばれ、シミュレーション内でプライムクリエーターの独立した表現として行動する正式なクリアランスであるヒッグスボソン(あなたのようなクリスタルの種アトムを持つ人のこと)まで、時空ファブリック内の各ピクセルのX点とY点を保持します。ヒッグス粒子がプラズマ体を動かすと、クリスタル・シード・アトムは時空間ファブリックの中でそれを複製する命令を出し、他の人がそれを見ることができるようにします。 そのピクセル(または何十億ものピクセルのグループ)が点灯します。

ベクトル粒子とゲージ粒子、そしてヒッグス粒子の働きについて私が説明していることはすべて、CERNから発行されているホワイトペーパーで確認することができます。作り話ではありません。

つまり、鏡はあなたの姿を映しているのではなく、最後のボソンに至るまで、自分の前にある時空のファブリックのあらゆるものを模倣しているのです。シミュレーション内のホログラフィック・イメージを文字通り紙切れ一枚で投影するボゾンから何かを隠せると思ったら大間違いです。

鏡は実際に何かを反射しているわけではなく(そのようなものは存在しません)、時空ファブリック内のイメージを複製しているのです。つまり、鏡は、シミュレーション内の他の場所や、他の時代や時間を見るための透視装置として使うことができます。鏡は何世紀にもわたってこのように使われてきました。

完璧な光学コンデンサーとして機能する水晶玉も、私たちが水晶と呼んでいるX&Yボゾンでできているので、同じように使うことができます。


難しいですな、このような現象もそういうことですかね?
これは何ですか? : メモ・独り言のblog

最も信じがたいのは手がスケルトンになって映ること、最も信じられないのは水の効果。あなたの意見は?