総暴露!5Gの総人口マインド・コントロール......すべてを見通すカメラ......今までに読んだことのないような非常識な記事で、真実が明らかになります
2024年7月2日

私が今までシェアした中で最も恐ろしい記事です。つまり、マインドコントロールの中に生まれ、AIがこれほど強力で、これらの技術によって自分の思考が自分のものでないまま一生を終えることを想像できますか?それはまさに起こりうることであるだけでなく、記事の中では、5Gは5Gを介してインフルエンザウイルスのあらゆる症状を誘発することができると言っています。

あなたはすぐに5Gタワーを倒しに行きたくなると思いますし、UTIのスイスの悪魔に6Gを配備させることは絶対にしないでください。 私は以下のビデオを見て、その中で聞いたことについて素早くGoogle検索をしたところ、以下のリンクと記事が出てきたので、それを共有しなければなりませんでした。  


 https://www.fcc.gov/ecfs/search/search-filings/filing/1092223856297 

5G は膨大な監視能力を持ち、法執行機関や諜報機関の気まぐれで悪用されるでしょう。ミリ波は、空港のスキャナーで使用されている周波数と同じで、衣服の外から裸の身体まで見ることができます。この周波数は、家を囲む壁に向けても同じ能力を発揮します。(家の中は丸見え)これは人間や動物に対する大規模な犯罪であり、可能な限りの手段で阻止すべきです。ミリ波5Gの普及が社会全体にどのような意味を持つのか、人々は自分自身と他人を教育する必要があります。ミリ波(5G)とマイクロ波によるマインド・コントロール ティム・リファット 英国情報軍とマイクロ波によるマインド・コントロール 一般大衆に使用されるマイクロ波兵器について研究している科学者として、ボーダフォンとブリティッシュ・テレコムが使用しているGM900マイクロ波ネットワークが重大な健康被害をもたらすという証拠が、私の目に留まりました。

5G は膨大な監視能力を持ち、法執行機関や諜報機関の気まぐれで悪用されるでしょう。ミリ波は、空港のスキャナーで使用されている周波数と同じで、衣服の外から裸の身体まで見ることができます。この周波数は、家を囲む壁に向けても同じ能力を発揮します。これは人間や動物に対する大規模な犯罪であり、可能な限りの手段で阻止すべきです。ミリ波5Gの普及が社会全体にどのような意味を持つのか、人々は自分自身と他人を教育する必要があります。ミリ波(5G)とマイクロ波によるマインド・コントロール ティム・リファット 英国情報軍とマイクロ波によるマインド・コントロール 一般大衆に使用されるマイクロ波兵器について研究している科学者として、ボーダフォンとブリティッシュ・テレコムが使用しているGM900マイクロ波ネットワークが重大な健康被害をもたらすという証拠が、私の目に留まりました。

国防情報局(DIA)の文書「電磁放射(電波とマイクロ波)の生物学的影響」と題するユーラシア共産主義諸国は、携帯電話の周波数と同様のマイクロ波周波数が以下のような健康障害を引き起こす可能性があることを示しています: 血液。心臓血管系。細胞。中枢神経系。消化器系。腺。代謝。 生殖。 視覚系 内部音の知覚 マイクロ波電話の周波数と強度をテストする装置により、電子レンジと同様の信号を発生することが判明しました。2 台のボーダフォン携帯電話はそれぞれ 100mW/cm2 と 50mW/cm2 を発生していました。電子レンジの危険レベルは5mW/cm2ですが、ロシアは兵器研究に10mW/cm2を常用していました。従って、これらのボーダフォンを使用すれば、重大な健康被害を引き起こすでしょう。様々な携帯電話で、その危険性を調べることができます

 オレンジが使用しているGM1800システムは、より高い周波数のマイクロ波を使用しています。オーストラリアの科学者は、このタイプの放射線を浴びたマウスが癌を引き起こしたことを発見しました。私の手元にある文書によれば、マイクロ波は体の奥深くを通過し、脳や体に悪影響を及ぼす可能性があります。DIAの研究は1976年のもので、20年以上前から危険性が知られていたことを示しています。ソビエトは携帯電話で使われている周波数と強度、1800MHzと900MHzを兵器として使っていました。見え隠れするものを隠すのが諜報機関のルールですが、携帯電話という名目で大衆の行動に影響を与えるマイクロ波マインド・コントロール兵器を受け入れさせたのは、天才的な手腕でした。 国民にこれらのマイクロ波マインド・コントロール装置に金を払わせ、脳と行動を損傷させ、より従順でコントロールしやすいようにしたのは、純粋に極悪非道の天才でした。

英国情報軍とマイクロ波マインド・コントロール 人々をストレスで混乱させ、従順なゾンビに変えるマイクロ波兵器が、英国の都心部で使用されています。共産主義者によって開発された、電子レンジに似たマイクロ波兵器は、1980年代以降、都市の団地を標的にしています。これらの兵器は、自然の脳波を模倣した極低周波(ELF)信号を送信します。スイッチを押すだけで、マイクロ波送信機の周囲にいるすべての人々は、明晰に考えることができず、憂鬱になり、無気力になり、一日中何もせずにごろごろしていたいと思う従順なゾンビに変わっていきます

著者の研究チームによって設計された新しいELF検出器の出現で、大都市英国の人口の集団マインドコントロールを証明することができます。ELF信号は公式には原子力潜水艦の通信局でしか検出されないため、研究者たちは都市中心部や著者のアパートでマイクロ波やUHF、マインド・コントロールの信号が携帯電話やBT電話、そして国中に点在する多数の送信機から送られているのを発見し、衝撃を受けました。

携帯電話の激増により、英国の治安部隊はこの送信機のネットワークを利用して、送信機の近くに住む人の脳にマインド・コントロールの信号を送ることができるようになりました。マイクロ波電話は、頭蓋骨を通過して脳に入り、行動をコントロールするために、適切な強度のパルス変調マイクロ波を使用します。したがって、マイクロ波送信機は、英国の人々をマインドコントロールするためのELF信号の送信に最適な媒体です。

研究者たちは、80年代初頭の都心部の暴動が、サッチャー政権に1970年代に開発されたELFマインド・コントロール装置を強制的に配備させ、労働者階級の住宅団地を完全な取り締まり区域にしたという意見を持っています。このゾーンでは、ELF送信機が住民を従順なゾンビに変えました。この技術は成功し、すべての主要都市に拡大されました。携帯電話ネットワークや軍や警察のマイクロ波送信機と手を携えて、英国国民を従順に権威に従わせるための集団マインドコントロールが拡大されたのです。今やロンドン都市圏全体が、UHFとマイクロ波で覆われ、精神が麻痺するようなELFに覆われています。

マイクロ波兵器の使用とマインド・コントロールへの使用に関する研究は、1950年代に英国有数の精神医学研究機関であるタヴィストック研究所で始まりました。英国の研究所は、英国人に知られずにマインドコントロールする方法を研究していました。サルの服従反応(支配的なサルが下僕に服従的な行動を起こさせる)は、英国の科学者が最も興味を持った脳の状態でした。従順で、ゾンビのような行動をとるこの特定の脳のリズムを発見した後、それを記録し、英国のマイクロ波送信機で送信されるELF信号のテンプレートとして使用しました。イギリスは1940年代にレーダーに使われるマイクロ波技術を最初に発見した国であり、この分野では他国を圧倒していました。

1970年代には、ロシアが励起電位を使う代わりに、トランスデューサを使って話し言葉をELFオージオグラムに修正し、それをパルス変調されたマイクロ波ビームに重ねるというニュースが流れました。陰のエリートのために問題を引き起こしている有名な人々を狂わせることによって信用を落とすことは、情報機関の標準的な操作手順のようです。被害者は、ELF励起電位として符号化された、さまざまなタイプの狂気と行動異常を運ぶパルス変調マイクロ波にさらされます。

これは、厄介な高名な人物を、その人物の信用を失墜させるような躁病や狂気の行動を見せるように仕向けるものです。このテクニックの例としては デビッド・アイク、ファーギー、ダイアナ妃など。MI5と手を組んだメディア・エージェントを使った外部環境の強化により、マインド・コントロールされた狂気が、その高名な人物の信用を失墜させる最悪の事態に追い込まれることが確実となります。

このようにして、(カール・ブリッジウォーター受刑者、バーミンガム6人組、ギルフォード4人組...とは違って)英国の警察によって通常の方法で不当に投獄されたり、ペガサス・グループのような暗殺部隊によって殺されたりすることができない高名な破壊活動家は、滑稽に見えるようにされています。世間に恥をかかせることは、問題を起こす可能性のある有名人を無害にするために、当局が持っている最も優れた武器です。

 VIPを一時的に病気にする必要がある場合は、脳がインフルエンザにかかったときに発する信号を含むマイクロ波ビームを被害者に発射することができます。これにより、対象者はウイルスに感染していないにもかかわらず、インフルエンザのあらゆる症状を示すようになります。米軍と密接な関係を持つリモート・ビューイングのスペシャリスト、エド・デイムズ少佐は、米国のテレビ番組でこの装置について言及しています。諜報員はまた、低レベルのマイクロ波を使って精神的、肉体的混乱を引き起こし、病気にさせることもできます。

マイクロ波を照射すると、被害者は疲労し、免疫系にダメージを受け、神経学的ダメージを受け、思考や作業遂行能力に影響を及ぼし、早老、癌、白内障を誘発します。サセックス警察は、街の中心部から酔っ払いを排除するために、この低レベルのマイクロ波を定期的に使用しています。この問題を調査している間、私は高レベルのマイクロ波を浴びていました。
 https://www.fcc.gov/ecfs/search/search-filings/filing/1092223856297

マインドコントロール技術の特許

以下に、我々に対して使用されているマインドコントロール技術に関する100以上の特許を見つけてください。裁判、さらなる調査、および一般的な情報提供の目的に役立つ場合があります。

アーロン・ダイクスとメリッサ・ダイクスによる映画『The Minds of Men』では、CIAが1950年代にこの技術を開発し、人々に移植した経緯を知ることができます。https://fightingmonarch.com/2018/05/06/patents-for-mind-control-technology/

あなたが知っていることはすべて間違っている可能性があり、政府のマインドコントロールプログラムによって植え付けられた記憶の再構築にすぎません。デイヴィッド・ガイアットは、思考統制実験の歴史と、未来の心理文明社会を形作るかもしれないテクノロジーをたどりますhttp://all.net/journal/deception/MKULTRA/www.forteantimes.com/artic/95/mind.html    

特許のリンクUS5954629
us5922016.pdf (fightingmonarch.com)

スクリーンショット (783)


関連特許:
DE10253433A1 - 思考伝達ユニットは、変調された電磁波ビームを人間の受信機に送信し、電子受信機なしで思考や行動に影響を与えます - グーグル特許 (google.com)

思考伝達ユニットは、変調された電磁波ビームを長距離にわたって人間の受信機に送り、同意の有無にかかわらず、電子受信機を必要とせずに生物の思考、行動、知覚に影響を与えます。

US3951134A - 脳波を遠隔で監視し、変化させるための装置及び方法 - グーグル特許 (google.com)

被験者から離れた位置で脳波を感知する装置および方法。これにより、異なる周波数の電磁信号が被験者の脳に同時に送信され、その信号が互いに干渉して、被験者の脳波によって変調された波形が得られます。脳波を代表する干渉波形は、脳から受信機に再送信され、そこで復調・増幅されます。復調された波形は、視覚用に表示され、さらに処理・分析するためにコンピュータに送られます。また、復調された波形は、脳内の電気活動に望ましい変化をもたらすために、脳に伝送される補正信号を生成するために使用することもできます。

US6470214B1 - 無線周波聴覚効果を実現するための方法および装置 - グーグル特許 (google.com)

他多数...