https://generalmcnews.substack.com/p/false-flag-alert-russia-warns-us
偽旗警報! ロシアは2024年の選挙を前に米国が生物兵器を放出すると警告
2024年6月27日


イゴール・キリロフ中将(ロシア連邦軍放射線・化学・生物防護部隊長官)は今週、ビデオ・ブリーフィングを行い、アメリカ合衆国が近々、クレムリンのせいにするために生物学的偽旗作戦を開始する可能性があると主張した。


新しい報告書は、ペンタゴンが極秘裏にウクライナのバイオラボをアフリカに移転させたと主張しています。

ロシア軍将官は特に、米国のバイオラボ活動がコンゴ民主共和国(DRC)で行われており、そこでは「流産を引き起こし、致死率10%」と報告されているサル痘の新しい変異種が現在蔓延していると指摘した。

キリロフはまた、米国政府がハンター・バイデンの関連団体であるメタビオタやエコヘルスアライアンス、クイックシルバーと呼ばれる企業やその他20社以上のような第三者企業をいかに利用しているかを説明した。

これらの企業は基本的に、政府が世界的な合意に反して生物兵器を製造し、法的な問題に巻き込まれないようにするための緩衝材として利用されています。

バイデンが所有するメタビオタの創設者はギスレーヌ・マクスウェルとクリントン氏の提携先であるウイルス学者ネイサン・ウルフです。

研究の目的を隠すために、ワシントンは第三者を利用しています。メタビオタ、クイックシルバー、エコ・ヘルス・アライアンス、合計20社以上)、いわゆる大手製薬会社の企業です」。

続けてキリロフは、アフリカにおけるメタビオタの活動は、各国政府が米国政府とのつながりを疑い始めてから中止されたと指摘した。

「2014年、エボラウイルスのサンプルが企業の代表によって違法に輸出され、米陸軍感染症研究所に移送された。」と彼は述べた。

「私は、ワシントンの不透明な仕事のやり方をもう一度思い起こし、軍事・生物学的分野におけるアメリカ合衆国との協力に対して、アフリカのパートナーに警告を発したいと思います。実践が示しているように、そのような相互作用は、バイオセーフティの分野における国家主権の喪失と罹患状況の悪化をもたらします」とキリロフは付け加えた。

ロシア政府高官は、2013年にエジプトのカイロで発生し、6万人が死亡した黄熱病の流行は、米軍の生物研究所と関係があると主張した。

キリロフ氏はまた、米国が意図的に「渡り鳥」を介して病気を広める可能性を示唆し、それは2024年の選挙前に別のパンデミックを放出する計画の一部である可能性があると述べた。

ワシントンの主な目的は、ウクライナの領土から危険な病原体や生体物質の株を除去することであり、『U-Pi』や『TAP』というコードネームの非常に具体的なプログラムを数多く実施することも含まれています。例えば、『U-Pi-4』:『渡り鳥を介した特に危険な病原体の拡散の可能性の研究』、『U-Pi-10』:『ウクライナにおける野生および貿易ルートを介したアフリカ豚熱の拡散の研究』などです」。

最後に、ロシア国防省報道官は、米国がますます国連事務総長による化学・生物兵器使用の疑惑を調査するメカニズムをコントロールしようと試みていると指摘した。

ロシアによると、この動きは「感染症の発生やその他のバイオインシデントを調査するための独自のツールを自国の管理下に置くことを目的としている」とのことです。

「事務総長メカニズムの活動においてアメリカ合衆国が支配的な役割を果たすことで、化学兵器禁止機構で起こったように、西側諸国が自分たちの裁量で責任をなすりつけることができるようになる」とキリロフ氏は説明した。

つまり、アメリカを動かしているディープステートの工作員たちは、2024年の選挙を混乱させるために第二のパンデミックを引き起こし、病原体の放出をロシアや他の敵対国になすりつける準備をしているのかもしれないのです。