https://forbiddenknowledgetv.net/theyre-using-banks-to-bring-everything-down-whitney-webb-2024-prediction/
彼らは銀行を使ってすべてを崩壊させようとしている - ウェッブ2024年予測

これらは、「恐喝される一つの国家」の著者、ホイットニー・ウェッブが、YouTubeチャンネル「Library of Wealth」から引用したもので、自然をを収益化しバイオデジタルIDとプログラム可能で監視可能な通貨を押し付けようとするグローバリストの新たな動きについて、またグローバル・サウスでテストされ、やがてここに持ち込まれる、実際には土地の強奪である終わりのない「ゼロ・カーボン」詐欺について語っています。

ホイットニー・ウェッブ:連中は、アメリカ帝国を排除して、基本的に銀行家の直接的な武器にしようとしています。つまり、銀行家がアメリカの政治家を買収し、アメリカ帝国に影響を与え、自分たちの望むものを手に入れる代わりに、彼らはそれを「再構築」し、基本的にこの新しい経済システムを構築しようとしています。ここ数年で、プログラム可能で監視可能なお金のアイデアや、「自主的な」炭素市場というアイデアも出てきました。

IMFや世界銀行は、アメリカ帝国と密接に結びついています。米軍はウィキリークスが公表した文書の中で、IMFや世界銀行が米軍の金融兵器であることを認めています。

ライブラリー・オブ・ウェルス ナレーター:今日はホイットニー・ウェッブが、大手銀行とエリートによる2024年の計画について議論し、すべてを崩壊させるメカニズムがすでに始まっていると予測しています。

彼女は、私たちはすでにブラックロックのような金融大手が暗号とビットコインを使用してマネーサプライを制御するのを見てきましたが、今、次のレベルのコントロールが展開し始めていると言います。今年初めにビットコインETFが承認された後、私たちは有利な政府契約の戦略的確保を見ています。ウェッブは、取引を管理・監視することを目的とした金融監視と結びついた、デジタルIDシステムへの推進を予測しました。

現在、金融のプライバシーをなくすことを目標に、当局によってのみ使用され、指示されるプログラム可能なお金のシステムが作られています。ドルは最後に没落するかもしれませんが、私たちがお金を使う方法を完全に破壊する大規模な計画があります。そして、これはほんの始まりに過ぎません。

それでは、ホイットニー・ウェッブが2024年に何が起こるかについての予測をしているビデオに入りましょう。

ホイットニー・ウェッブ:左派からも右派からも批判されています。そして何度も何度も、主流メディアでさえも明らかにしてきました。

マーク・カーニーとマイク・ブルームバーグが設立したネットゼロのためのグラスゴー・ファイナンシャル・アライアンス」は、どういうわけか国連が「地球を救う」仕事に最適の人材だと判断したものです。彼らは国連で気候ファイナンスを担当しています。ニューヨーク市長でソロモン・ブラザーズ出身の億万長者、マイク・ブルームバーグと、イングランド銀行とカナダ銀行の元頭取で元ゴールドマン・サックスのマーク・カーニー。国連のために「地球を救う」のは彼らです。

彼らは多国間開発銀行システム全体を「再構築」しているのです。そして、その一環として、世界銀行はグーグルや他の関係者とともに「気候変動ウォレット」を開発し、カーボン・マーケットに参加しています。これは確か、BitTorrentを発明したChia Networkの新しいプロジェクトで動作するように設計されています。

そして、彼らは「ネット・ゼロ・ブロックチェーン」のようなものだと主張しています。基本的には、人々が来るべきカーボン・マーケットに参加し、自然を収益化できるようにすることを目的としています。
WEFは食料、水、酸素供給の支配権を掌握する計画を推進中 : メモ・独り言のblog

そして、現在、カーボン・クレジットとカーボン・マーケットに関して、さまざまなことが起こっています。これは非常に不透明な法的領域です。というのも、いわゆる「炭素権」というものがあり、炭素クレジットを購入した人は、そのクレジットが表す森林の炭素に対する「権利」を得ることができるからです。これは意味があるのでしょうか?つまり、私がコロンビアの熱帯雨林の炭素クレジットを買うと、その木に含まれる炭素の所有者になる可能性があるわけです。

そして、実際に土地を所有している人たち、あるいはコロンビア人のように、必ずしもその土地を所有しているとは限りません。潜在的に。このような不透明でグレーな領域があるのです。つまり、グローバル・サウスにおける土地収奪への道が開かれているということです。

炭素市場の土地では、非常に不穏なことがたくさん起こっています。CO2削減という理念のもとでさえ、炭素市場は機能していないのです。今、市場に出回っているカーボン・クレジットの90%は、まったく価値のない無意味なものです。

つまり、基本的には1980年代のジャンク債スキャンダルの再来のようなものです。興味深いのは、カーボン・マーケットとカーボン・クレジット取引を発明したのがリチャード・サンダーという人物で、彼は1980年代のジャンク債スキャンダルの銀行であるドレクセル・バーナム・ランバートに勤めていました。

彼はジョージ・ブッシュ・シニア政権によって、ブッシュ・シニアの環境保護局(EPA)の環境問題に自由市場を適用するために引き抜かれるまで上級副大統領を務めていましたが、その後、国連にいたロックフェラー系のオリガルヒ、モーリス・ストロングという人物に接触され、炭素についても同じ解決策を開発しました。もちろん彼は、2008年に爆発的に普及した金融先物デリバティブの生みの親でもあります。 炭素クレジット取引を発明した人物は、水や空気にも同じような市場を作ろうとしています。つまり、水や空気にも基本的に税金をかけることができるのです。

ライブラリー・オブ・ウェルス ナレーター: ウェッブは、数ヶ月前からブラックロックのような強力なプレーヤーがビットコイン市場に参入してくることを警告してきましたが、これは暗号にとって間違いなくネガティブな展開です。

彼女は、これらの機関が暗号通貨供給のかなりの部分を支配するように設定されていると主張し、市場へのこの明白な影響力に抵抗することの重要性を強調しています。

ホイットニー・ウェッブ今後、ラテンアメリカの経済的に不安定な国々がドル建てのステーブルコインに目を向けるようになると思いますが、例えばアルゼンチンでは、ペソの問題や、ミレイ政権下でもペソが大幅に切り下げられたことから、ドル建てのステーブルコインに注目が集まっています。人々は基本的にドルに集まっていますが、テザー(USDT)やサークル(USDC)のようなステーブルコインもあります。アルゼンチンの暗号エコシステム全体は、私が話した衛星会社と密接に結びついている特定のネットワークによって大部分が管理されています。

彼らは皆、エンデバーいうグループとつながっていて、エンデバーはアルゼンチンに支部を持ち、世界中に支部を持ち、アメリカ合衆国を拠点としています。エンデバーはアルゼンチンに支部を持ち、世界中に支部を持ち、アメリカに拠点を置いています。エンデバーの取締役会の会長は、ブロンフマン一族のエドガー・ブロンフマンJr.が務めています。この人物は、私の本に詳しい方ならご存知だと思いますが、組織犯罪や、基本的にジャスティン・トルドーの背後にいる人物と密接な関係にあります。

そして、もう一人の人物は、LinkedInの共同設立者であり、いわゆるPayPalマフィアの一員であり、シリコンバレーでおそらくジェフリー・エプスタインに最も近い人物であるリード・ホフマンです。

リード・ホフマンは民主党の活動や民主党への大きな資金提供者ですが、いわゆるPayPalマフィアの他のメンバーはトランプを非常に支持しています。例えば、ピーター・ティールはトランプの政権移行チームで大きな力を発揮し、ティールとティールのパランティアのために非常に密接に働いた人々は、基本的にトランプの国防総省の初期の政策決定と人事をすべて指示しました。PayPalマフィアとトランプの間には、今でも多くのつながりがあると思います。

また、イーロン・マスクのような人物は、リバタリアンであり、右派ポピュリストです。ですから、この特定のネットワークには、政治的マシンの両側で活躍する人たちがいると思います。これは率直に言って、有利な政府との契約をたくさん取りたいなら、そうするのが普通です!

正直なところ、この先どうなるかは分かりませんが、人々を特定の方向に向かわせようとする動きがあるのは明らかだと思います。皆さんもご存じだと思いますが、すべての人をデジタルIDシステムに乗せようとする動きがあることは、以前から明らかでした。COVID-19ワクチンのワクチンパスポートはその大きな部分を占めていました

しかし、そのためにさまざまな取り組みが行われています。例えば、WorldCoin: サム・アルトマンは、眼球をスキャンして、財布の中に一意のデジタルIDを取得し、トークンを入れることができます。グローバル・サウスに住む人々は、基本的にマイクロソフトとOpenAIを運営している人物のために生体認証データを提供するよう買収されています。

このようなデジタルIDイニシアチブは、一貫して無国籍の脆弱な人々を対象にテストされていますが、目標は世界的に展開し、デジタルウォレットと連動させることです。多くの人がCBDC、つまり中央銀行が発行するデジタル通貨について話していますが、民間セクターやウォール街の銀行が発行する、監視可能でプログラム可能なデジタル通貨もあり、それについては十分に語られていません。

先ほどお話しした、アルゼンチンの通貨が破壊されつつあるため、アルゼンチンの人々が急速に導入しているステーブルコインの1つであるテザー社は、最近FBIとシークレットサービスをプラットフォームに導入しました。つまり、テザー(Tether)を利用する人は全員、基本的にアメリカの諜報機関の監視下でお金を使うことになります

そして、そのFBIとシークレットサービスは、世界経済フォーラム内に設置された官民パートナーシップに参加しています。基本的には、アメリカ、イスラエル、イギリスの諜報機関、そして大手銀行とPayPalです。彼らの野望はオンライン上の匿名性をなくすことであり、それによって金融上の匿名性もなくすことです。そのため、暗号通貨でも通常の取引でも、金融プライバシー・ツールに対する前例のない取り締まりが行われています。また、ソーシャルメディアのアカウントでも何でも、オンラインで行うことに政府発行のIDを結びつけるよう、インターネット全体が大々的に推進しています。

その目的は、生体認証に基づく、完全に監視可能なシステムを構築することであり、政府(あるいは誰であれ)が直接プログラムして監視できるようにすることです。つまり、プログラムするということは、そのお金を政府が言ったことにしか使えない、政府が言った相手にしか送金できないということです

目標は全世界にそれを浸透させることであり、彼らは一貫して最初にグローバル・サウスでこれをテストしています。この記事は、ラテンアメリカのかなりの地域を、「今すぐ脱炭素化しなければならない」という名目で、サブナショナル・レベル、つまり地方レベルでこの種のシステムに集中させることで、本質的に包み込もうとする大きな取り組みについて書いています。 しかし実際には、このプログラムの細則のようなものを見てみると、「脱炭素化資金」は、アメリカ大陸から大陸間電力スマートグリッドを構築しようとしている特定のグループと提携している特定の企業に向けられ、彼らはロサンゼルスの貧しいコミュニティでスマートグリッドのテストを行っています、 そのアイデアは、私たちが今知っているような通貨から脱却して、コモディティに裏打ちされた通貨を持ち、人々が「エネルギーを取引する」または「カーボン・クレジットを取引する」というものです。

そして、基本的には複雑です。なぜそのような方向に進んでいるのかについては、さまざまな理由があります。そのひとつは、世界中が抱えている途方もない額の借金のせいです。その負債をある特定の場所に保管しなければなりません。それを管理する方法を見つけなければなりません。だから、ステーブルコインの一部はそのために使われています。カーボンクレジットもそのために使われています。

実際、RFKの副社長であるニコール・シャナハンは、スタンフォード大学法学部で、炭素クレジットを使って量的緩和を促進するというプロジェクトを実行あるいは管理していました。

ですから、債務をどうするのかについて、多くの取り組みが行われています。本質的には、金融システムを作り直さなければならないのですが、完全に監視・管理できるようなシステムにしようとしているのです。これらは、9.11の直後にアメリカの国家安全保障国家が抱いた野望であり、すべての人に押し付けようとしたものです。

例えば、Total Information Awareness(総合的情報認識)は、彼らが制定しようとしたプログラムで、2003年や2004年当時は大騒動でした『ニューヨーク・タイムズ』紙でさえ、このプログラムが一般的なアメリカ人のプライバシーを完全に排除しようとしていることを知っていたからです。このプログラムの野望は、パンデミックを未然に防ぐため、金融犯罪を未然に防ぐため、人々の健康シグナルなど、文字通りあらゆるものを監視することでした

ライブラリー・オブ・ウェルス ナレーター:ウェッブは、不換紙幣システムの崩壊、猛烈なインフレ、銀行の破綻によって、経済的破局が迫っていることを予見しています。世界が差し迫った危機と闘う中、ビットコイン・スタンダードへの移行が目前に迫っている可能性を示唆します。連邦準備制度理事会や中央銀行が約束したことは空虚であり、過剰なマネーの増刷と粗悪な投資の拡散につながっていると彼女は主張します。

また、最近のインフレ率の急上昇の余波により、これが現状への回帰につながることはないだろうとウェッブは述べています。