何百人もの医師と科学者がmRNAワクチンの中止と調査を求める協定に署名
世界中の何百人もの医師や科学者が、mRNAワクチンの安全性と有効性に関する深刻な懸念のため、その中止と調査を求める協定に署名しました。

By ウィル・ジョーンズ 2024年7月5日


世界中の何百人もの医師や科学者が、mRNA COVIDワクチンの安全性と有効性に重大な懸念があるとして、その中止と調査を求める協定に署名しました。

「ホープ・アコード呼ばれるこの声明は今週発表され、瞬く間に3,000人近い署名が集まりました。その中には、200人以上の医師、300人以上のその他の医療専門家、100人以上の科学者や学者からの賛同が含まれており、すべての署名は実在の資格ある人々からのものであることを確認するために検証されています。

この声明は、負傷したワクチンに対する認識と支援も呼びかけており、5つの重要な優先事項を取り上げています:

  1. 1.COVID-19mRNAワクチン製品の即時停止: ワクチンの展開と障害や過剰死亡の憂慮すべき傾向との関連性を示唆する証拠が増えているため、mRNAワクチン製品を即時停止すべきとしています。

  1. 2.COVID-19ワクチンの安全性と有効性の包括的再評価: 透明性とデータの完全な開示を確保し、すべてのCOVID-19ワクチン製品の安全性と有効性を徹底的に再評価するための独立した調査を求めます。

  1. 3.ワクチンで傷害を負った人々への認識と支援: この協定は、ワクチンに関連した傷害を受けた人々を認め、支援し、必要な医療と補償を提供する必要性を強調しています。

  1. 4.新型コロナウイルス感染症(COVID-19)時代に放棄された倫理原則の回復: インフォームド・コンセント、身体の自律性、子どもの保護など、過去数年間に損なわれた医療倫理の核心に立ち戻ることを求めています。

  1. 5.現在の苦境の根本原因への対処: この協定は、組織的な集団思考、利益相反、科学的議論の抑圧など、現在の倫理的・医学的問題を引き起こした要因について誠実に調査することを提唱しています。

このイニシアチブは、英国の People's Vaccine Inquiryから発展したもので、当初はDoctors for Patients U.K.のメンバーである、開業医のアイーシャ・マリク医師、外科医のジェームズ・ロイル医師、心臓専門医のディーン・パターソン医師らによる声明として始まりました。救急医のティム・ケリー医師は、より広範な国際的倫理声明が必要であると考え、米国、カナダ、南アフリカ、オーストラリアから賛同する臨床医を呼び込みました。

主催者はプレスリリースの中で、この協定は「医学界と政策立案者に対し、近年の倫理違反を再評価し、将来の健康危機が倫理原則と科学的誠実さをより一層遵守して管理されるよう求めるものである」と述べています。

医療従事者、科学者、関係する一般市民は、署名と支持を表明することで、この運動に参加することができます。

心臓病のトップドクターであるアセム・マルホトラ氏はXのビデオでこの声明に賛同しています


ジョーダン・ピーターソンも
この取り組みを支持し医療に倫理を取り戻すことが本当にできるのか疑問だとしながらも、「これらの人々は支援する価値がある」と述べています。


出典:dailysceptic.org