イタリアの医師は世界に衝撃を与えた:癌は重曹|で治療できる真菌であるWorldTruth.Tv

maxresdefault-4-696x392

イタリアの医師は世界に衝撃を与えた
癌は重曹で治療できる真菌です。


イタリアの医師、トゥリオ・シモンチーニによると、癌は重曹で除去できる真菌にすぎません。

この方法を使用してさまざまな種類の癌に苦しむ何千人もの患者を治療し、100%有効であると主張しています。


セラピーはまったく有害ではありません。直面しましょう、失うものは何もありません。

ますます多くの癌の症例が発生している痛ましい現実は、何らかの形で腫瘍学の失敗と関係しています。


「現代の腫瘍学では、がん患者が抱えるすべての質問に答えることが出来ないことを証明しなければなりません。

現代の最も困難で致命的な病気の真の治療を見つけることは、私たちの道徳的および倫理的な取り組みです」と、シモンチーニ博士は言います。


がんは菌です!

「約1世紀前、遺伝子の機能不全によって引き起こされるという素晴らしい理論がありました。つまり、病気は細胞内にあると言うことです。しかし、私の見解では癌は真菌感染症であり、特別な細胞現象です。」とのシモンチーニ博士の主張は医学界に衝撃を与えました。

カンジタ

植物の世界では、癌種は真菌感染症によって引き起こされ、同じことが人間にも起こります。菌類は常に腫瘍を伴います。これは生体内およびin vitro(インビトロ)研究の両方で証明されています。ただし科学者は、病気が発生した後に発症すると考えています。シモンチーニ博士は、菌類は以前から存在していたと考えています。菌類は癌を引き起こし、免疫システムを弱め、全身を攻撃します。あらゆる種類の癌は、いくつかの研究によって確認されているカンジタ菌によって引き起こされ、その組織学的構造は、侵入に対する防御策の結果です。時間が経つにつれて、私たちの組織は衰弱し、疲労し、未知の細胞を作り始めます。シモンチーニ博士によると、癌は変形した細胞が蓄積してコロニーを形成する「潰瘍」です。

重曹

通常の抗真菌薬は細胞の表面しか攻撃しないため、癌には効果がありません。主な感染症は単一の細菌よりも強力であるため、真菌感染症は非常に長く続きます。「これらの真菌のコロニーを攻撃できるものを特定しました。がんの場合は重曹で、皮膚がんにはヨードチンキが最適です。」とシモンチーニ博士は言います。多くの研究により、重曹の癌に対する細胞内作用が確認されています。

シモンチーニ博士が説明しているYou Tube
Dr Simoncini Full interview About Cancer and Baking Soda - YouTube


治療

「私は20年以上患者にこの治療法を使用してきました。これらの患者の多くは、病気から完全に回復しています。腫瘍を根絶する最良の方法は、重曹と接触させることです。重曹は、消化器がんの場合は潰瘍、脳腫瘍と肺腫瘍の場合は静脈注射、上気道の腫瘍の場合は吸入として使用します。乳房、リンパ系、皮下腫瘍は局所治療が出来ます。内臓腫瘍は、重曹を動脈に直接塗布して治療する必要があります。また、あらゆる種類のがんを適切な用量で治療することも重要です。」静脈炎の場合は5%か8%の溶液の500cmが必要です。場合によっては混合物は十分に塩辛くする必要があります。

「毎回の治療において、腫瘍コロニーが3~4日の間の戻って来て、4日から5日には腫瘍が崩壊することを知っておくことが重要です。そのため最低でも6日間の治療が必要です。この治療は4サイクル繰り返す必要があり、のどの渇きと衰弱以外の副作用はありません。」

「皮膚がんの場合は、1日に20~30回患部にヨウ素チンキをこすりつける必要があります。その後再発はしません。」とシモンチーニ博士は言います。


カンジタの餌となる食品=砂糖・でんぷん、治療中はパンや米、パスタ、菓子類は避ける事
 アルミニウムなしの重曹を使用しグレープフルーツを食べる事(推奨)


治療の仕組み

重曹は、真菌を破壊する血液中のアルカリ度を大幅に増加させます。このため重曹は素早く真菌を崩壊させ防ぐことが出来ます。

胃がん、結腸がん、直腸がん、口腔がんの場合は、1か月間、毎朝、毎晩小さじ1杯の重曹をコップ1杯の水に入れて飲む必要があります。ほとんどの場合、これは腫瘍を取り除くのに十分な時間です。

治療は3~4週間続ける必要があります。シモンチーニ博士の治療には、通常、静脈注射も必要です。
最良の結果を得るには500mlが必要です。5%重曹溶液を毎日静脈に直接塗布します。


これを24日間行い、スキャンします。膣真菌感染症は、今日かなり一般的になり、シモンチーニ博士によると、それらは子宮頸がんや膣腫瘍の主な原因です。これらの場合は、2リットルの混合物で膣を洗う必要があります。ろ過された水と重曹大さじ2杯、これで問題となっている真菌を退治することが出来ます。



重曹・クエン酸

※食品用、清掃用ではなく、なるべく純度の高いものを使用
楽天で買ったもの、コレ2つで¥1,180のみ

※ひとつ前の記事でも「重曹」について書きましたが、今年2月にこの記事を読んでから自分も健康のため「重曹」摂取を始めてみました。
3月から始めていますが、体調の変化としては、気のせいかもだけど...
・体重が自然に4kg減った
・ウンチ、オナラが快適に出るようになった
・食欲が増した
・体が疲れにくくなった気がする
・ヘパーデン結節や1年近く続いていた、謎の右ひじ痛が、和らいだ気がする
・重曹で歯磨きすると歯垢が取れる
・血管がドロドロの酸性から少しアルカリ性に変わったのかも?

ゆずマーマレード

自分の場合は、当初重曹:1 クエン酸:1を混ぜ炭酸水として飲んだ(おいしく飲める)

でも混ぜるとアルカリ性が中和されてダメなんじゃないかと考え...

重曹のみにした が、味が...なんかマズイ

そこで、↑のゆず茶(皮入りのマーマレード)で割って飲むと非常にうまいので続けられてます。