カテゴリ: 新世界秩序(NWO)

https://forbiddenknowledgetv.net/150140-2/キャサリン・オースティン・フィッツ、グローバリスト銀行家のクーデターを暴露Search - BitChute投資銀行家で元HUD次官補のキャサリン・オースティン・フィッツとオーストラリアの自由活動家マリア・ジーの素晴らしい対談です。 ... もっと読む

ロックフェラーによる「BRICS新世界秩序計画」 : メモ・独り言のblog旧世界秩序、暫定世界秩序、新世界秩序 : メモ・独り言のblog※クラウスシュワブがいなくても順調そうですな...https://off-guardian.org/2024/06/05/spief-24-multipolar-world-order-converges-on-st-pet ... もっと読む

https://henrymakow.com/001544.html「子供たちに予防接種をしなければならない」と1999年、銀行家が宣言しました「我々に従い、奉仕することは合理的だと思いませんか?」グローバリストの友人からの手紙」(1999年)これはCOVID詐欺、「ワクチン」&グレート・リセットの基 ... もっと読む

旧世界秩序、暫定世界秩序、新世界秩序 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)ロックフェラーによる「BRICS新世界秩序計画」 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)グローバリストの終末の脚本 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)ロシアは欧米を支配しているエリートと同 ... もっと読む

https://forbiddenknowledgetv.net/war-on-us-soil-with-dod-opposing-attorney-todd-callender/国防総省の対立弁護士トッド・カレンダーが語るアメリカ本土での戦争Search - BitChute驚異のトッド・カレンダーがサラ・ウェストールと共に、1994年の人口と開発に関する国際会 ... もっと読む

BRICSは2024年に新たな世界を立ち上げるか?2024年3月26日BRICSは2024年のスタート時に加盟国を2倍にしましたが、今後、新加盟国の統合、将来の加盟基準の策定、組織の基盤の深化、そして最も重要なことは、国際金融において米ドルを回避するメカニズムの立ち上げという大き ... もっと読む

https://report24.news/gefaehrlicher-als-der-who-pandemievertrag-internationale-gesundheitsvorschriften-geleakt/WHOパンデミック条約より危険な国際保健規制がリーク!WHOは、まもなく採択される予定のパンデミック条約と国際保健規則(IHR)の現行版について、大きな ... もっと読む

(1年前の記事から)世界はステージです世界経済フォーラムはフロント組織です。クラウス・シュワブは、ドクター・イーヴィルのキャラクターを演じる人形俳優です。2017年ハーバード大学のクラウス・シュワブKlaus Schwab in 2017 at Harvard (bitchute.com)「WEFのヤング・ ... もっと読む

https://pennybutler.com/calin-georgescu/元国連事務総長&ローマクラブ会員が世界的買収を解説 .国連の内部告発者がまた名乗りを上げました。カリン・ゲオルゲスク(元国連事務局長、元ローマクラブ欧州代表)は、国際犯罪調査委員会のライナー・フエルミッヒ博士に世界的 ... もっと読む

ジョージ・ソロスの息子のアレックス・ソロスのツイート弾痕と47ドルに注目:次期大統領の暗殺を示唆?WEFのユヴァル・ノア・ハラリは、ドナルド・トランプが2024年の選挙に勝利し、「世界秩序への死の打撃」になると述べています-健康大通り (healththoroughfare.com)WEF: ... もっと読む

ダボス会議で「ファ〇ク・クラウスシュワブ・ファ〇ク・ニューワールドオーダー」と叫ぶBitChuteデイモン・イマニがWEFの演壇に立ち、クラウス・シュワブ、WEF、そしてグローバリストNWOを地獄に落とすことを願う短いビデオでバイラルヒットを記録しました。この動画はすでに ... もっと読む

1991年のWEF文書は、グローバリストの人口削減計画を詳細に暴露する1991年にWEFが発表した文書には、2030年までに地球の人口を大幅に削減する計画が詳細に記述されていました。1991年9月22日、リオデジャネイロで地球サミットが開催される9カ月前、アイオワ州デモインでWEFと ... もっと読む

↑このページのトップヘ